健康用語WEB事典

アニリン(aniline)

ベンゼン環アミノ基が結合した有機化合物。代表的な芳香族アミン

アニリンの化学構造

に似た無色透明の液体で、腐敗した魚のような不快臭がある。空気中でゆっくり酸化および樹脂化して赤茶色い不純物を生じる。また、引火性があり大量の煙を出して燃える。

アセトアミノフェンなどの医薬品の原料や液晶、有機ELなどの材料として利用される。*1

タバコの煙や工場の近くの大気中に含まれ、気道に影響を与える。動物実験では脾臓がん?の原因になることが報告されており、アメリカ合衆国環境保護庁はアニリンをグループB2(発がんの可能性あり)と分類している。*2

*1ドミノ転位反応で新規アニリンの効率的な合成法を開発... | プレスリリース | 東北大学 -TOHOKU UNIVERSITY-: https://www.tohoku.ac.jp/japanese/2018/06/press20180626-03.html
*2ANILINE | C6H5NH2 - PubChem: https://pubchem.ncbi.nlm.nih.gov/compound/aniline#section=Top

ご意見・ご要望をお聞かせください。


アニリンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




添付ファイル: fileaniline.png 閲覧数 418回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-08-22 (水) 14:51:45