健康用語WEB事典

アビジン(avidin)

鳥類や両生類に由来するタンパク質卵白などに含まれ卵白障害の原因となる。

128個のアミノ酸から成るサブユニットを4つ持ち、各サブユニットは1個のビオチン分子に結合できるため、アビジン1つは最大4つのビオチンと結合できる。

アビジンは、ビオチンに対して極めて高い親和性を示す、鳥類および両生類の両群に由来するタンパク質であり、様々な真核生物学的プロセスにおいて作用する補因子です。*1

高い耐熱性を持ち、ビオチンを結合することによってさらに増強される。プロテアーゼによる変性に対しても抵抗性が高い。

対して分子中に多くのトリプトファンを含むため、酸化や光に対しては不安定とされる。*2

*1アビジン-ビオチン相互作用 | Thermo Fisher Scientific: https://www.thermofisher.com/jp/ja/home/life-science/protein-biology/protein-biology-learning-center/protein-biology-resource-library/pierce-protein-methods/avidin-biotin-interaction.html
*2卵白タンパク質の科学 東海大学農学部バイオサイエンス学科タンパク質化学研究室: http://www2.kuma.u-tokai.ac.jp/~nougaku/Bio/araki/egg.htm

ご意見・ご要望をお聞かせください。


アビジンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:05:18