健康用語WEB事典

アピイン(apiin)

セロリパセリの香り成分となる有機化合物アピゲニン配糖体であり、としてアピオースを持つ。抗酸化作用を持ち、越冬に必要と考えられている。*1*2

アピインの化学構造

精神を落ち着かせる鎮静作用を有するとされる。*3*4

*1独立行政法人 農畜産業振興機構 葉茎菜類 セルリー(セロリ): https://www.alic.go.jp/content/000138370.pdf
*2【研究成果】UDP-アピオースの調製法を確立 アピオース転移酵素活性を検出|石水研通信|立命館大学 石水毅研究室 | 生命科学部 生物工学科: http://www.ismz.sk.ritsumei.ac.jp/blog/2019/05/205114.html
*3杏林大学医学部付属病院栄養部 栄養部ニュース: https://www.kyorin-u.ac.jp/hospital/clinic/introduction_nourishment/pdf/1604.pdf
*4横浜市立大学附属市民総合医療センター(市大センター病院)だより 十全: https://www.yokohama-cu.ac.jp/urahp/outline/pdf/jzen19.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


アピインに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: fileapiin.png 閲覧数 47回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2020-04-10 (金) 12:34:30