健康用語WEB事典

アフィモキシフェン(afimoxifene)

タモキシフェンCYP2D6によって代謝されることによって生じる活性代謝産物となる誘導体4-ヒドロキシタモキシフェンとも。*1

アフィモキシフェン(4-ヒドロキシタモキシフェン)の化学構造
*1乳がんタモキシフェン療法の遺伝子型に基づく個別化治療は必要か? 世界初の前向き臨床試験で長年の論争に決着 日本人に多い低代謝活性遺伝子型は治療上の不利益とはならないことを確認 国立研究開発法人国立がん研究センター 慶應義塾大学医学部: https://www.keio.ac.jp/ja/press-releases/files/2020/3/10/200310-1.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


アフィモキシフェンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: fileafimoxifene.png 閲覧数 13回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2020-09-07 (月) 06:27:21