健康用語WEB事典

アプレピタント(aprepitant)

ニューロキニン受容体NK1受容体)の拮抗薬遅発性嘔吐に対して有効。2009年に承認された。商品名はイメンド*1*2

アプレピタントの化学構造

経口投与されたアプレピタントがNK1受容体に結合することがポジトロン断層法PET)によって確認されている。

*1日本緩和医療薬学雑誌 高度および中等度催吐性プラチナ製剤誘発性消化器症状におけるアプレピタントの有効性: https://plaza.umin.ac.jp/jpps/issue/magazine/pdf/0704_04.pdf
*2つくばリポジトリ 新規タキキニンNK[1]受容体拮抗薬T-2328の抗嘔吐作用に関する生理薬理学的研究: https://tsukuba.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=21220&item_no=1&page_id=13&block_id=83

ご意見・ご要望をお聞かせください。


アプレピタントに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: fileaprepitant.png 閲覧数 22回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2020-02-11 (火) 16:14:55