健康用語WEB事典

アプロチニン(aprotinin)

セリンプロテアーゼカリクレイン)の阻害作用を持つタンパク質。牛の膵臓に存在する。商品名はトラジロール*1*2*3

血中半減期は20〜30分。カオリンによって不活化される。手術中および術後の出血量軽減のために利用される。*4

*1九州大学病院検査部 検査部長 康東天 検査だより第34号: http://www.med.kyushu-u.ac.jp/cclm/html/tayori/kensa34.htm
*2Tissue factor pathway inhibitor(TFPI)の基礎: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjsth/25/1/25_5/_article/-char/ja/
*3名城大学薬学部 薬品作用学研究室 アンギオテンシン・ブラジキニン: http://www-yaku.meijo-u.ac.jp/Research/Laboratory/chem_pharm/09jugyou/5.angiotensin.pdf
*4アプロチニン使用中のACT測定: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jject1975/21/1/21_1_90/_article/-char/ja/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


アプロチニンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-09-09 (日) 19:12:13