健康用語WEB事典

アマランチン(amarantine)

ヒユ科ヒユ属のアマランサスキヌアが生成する、赤色のベタレイン色素。ベタニングルクロン酸が結合した化学構造を有する。*1

がん細胞HIV-1の活性阻害効果を持つことが報告されている。*2

*1世界初キヌアからアマランチン合成酵素遺伝子の発見 アマランチンの生産に成功 | JAIST 北陸先端科学技術大学院大学: https://www.jaist.ac.jp/whatsnew/press/2019/02/28-1.html
*2世界初キヌアからアマランチン合成遺伝子を発見 ~アマランチンの大量生産への道を拓く~ - 研究トピック|新着情報&トピックス: https://www.ishikawa-pu.ac.jp/news/?p=6494

ご意見・ご要望をお聞かせください。


アマランチンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-02-29 (土) 08:15:00