健康用語WEB事典

アマンタジン(amantadine)

パーキンソン症候群脳梗塞後遺症A型インフルエンザウイルス感染症に対する治療。商品名はシンメトレル*1*2*3

アマンタジンの化学構造

ドーパミンを増加させてドーパミン作動性神経を活性化する作用を有する。

M2タンパク質の作用を阻害することによってインフルエンザウイルス脱殻および膜融合を阻害して増殖を抑える。*4

*1アマンタジン塩酸塩錠50mg「日医工」/アマンタジン塩酸塩錠100mg「日医工」: http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/1161001F1158_1_04/
*2薬物相互作用(19―パーキンソン病治療薬の薬物相互作用)江角悟 黒田智 松永尚 千堂年昭 岡山大学病院 薬剤部: http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/files/public/4/40562/20160528034611784038/122_259.pdf
*3くすりの事典 2020年版 片山志郎 成美堂出版(2019/6/30): https://amzn.to/3i8J1I1
*4薬品作用学研究室 名城大学薬学部 抗インフルエンザ薬: http://www-yaku.meijo-u.ac.jp/Research/Laboratory/chem_pharm/mhiramt/EText/Diseases_Drugs/anti-virus-01.htm

ご意見・ご要望をお聞かせください。


アマンタジンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: fileamantadine.png 閲覧数 117回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2020-10-04 (日) 09:09:09