アミロペクチン(amylopectin)

グルコースがα-1,4結合した鎖の各所に、別のグルコースのα-1,4鎖がα-1,6結合で結合した枝分かれを持った構造のホモ多糖デンプンを構成する多糖類のひとつ。*1

アミロペクチンの化学構造

餅米のデンプンは100%がアミロペクチンであるが、うるち米は80%程度である。*2

*1国立大学法人 大阪教育大学 アミラーゼを題材とした酵素反応の実際 理科教育講座 川村三志夫: http://www.osaka-kyoiku.ac.jp/~cse/2010chukourikakawamura.pdf
*2デンプンはブドウ糖 うるち米ともち米 中西載慶 教授東京農業大学短期大学部 醸造学科 教授: http://www.nodai.ac.jp/journal/nakanishi/1006.html

アミロペクチンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


添付ファイル: fileamylopectin.png 閲覧数 91回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-02-08 (木) 16:40:00