アムラ(amla)

トウダイグサ科の植物。アムラの果実はアスコルビン酸ビタミンC)を多く含む。

また、消化性潰瘍消化不良に対する効果や脂質低下作用、抗動脈硬化作用、抗変異原作用、抗作用、酸化ストレス低下作用などが報告されている。*1

*1ファルマシア 吉川伸仁 アムラの抗酸化活性 : Vitroから人まで(B・生薬・天然物化学): https://www.jstage.jst.go.jp/article/faruawpsj/45/10/45_KJ00009581130/_article/-char/ja/

アムラに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


このページの最終更新日時: 2018-12-30 (日) 12:18:53