アラキドン酸カスケード(arachidonic acid cascade)

細胞膜リン脂質からアラキドン酸が遊離し、それからエイコサノイドに属する様々な物質が生成される経路。この経路は、非ステロイド系抗炎症薬によって阻害される。*1*2

アラキドン酸カスケードにおける一連の反応は以下の通り。*3

  1. ホスホリパーゼA2によって、リン脂質のグリセロール2位のエステル結合加水分解されてアラキドン酸が遊離する。
  2. 遊離したアラキドン酸シクロオキシゲナーゼが作用することでプロスタグランジンG25-リポキシゲナーゼが作用することでロイコトリエンが生成される。
  3. プロスタグランジンG2シクロオキシゲナーゼが作用してできるプロスタグランジンH2に各酵素が作用することでプロスタグランジン類とトロンボキサン類が生成される。

生成されるプロスタグランジンの種類は細胞発現する酵素の種類によって異なる。例えば、マクロファージPGE2を優位に産生するが、肥満細胞PGD2を優位に産生する。*4

*1医療法人社団 慈成会東旭川病院 がん専門薬剤師・がん指導薬剤師 里見眞知子 第4講 緩和ケアにおける臨床薬理学: http://www.asahikawa-med.ac.jp/hospital/pal_care/seminars/pdf/kouza_23_2.pdf
*2代謝調節因子と生理活性分子: http://www10.showa-u.ac.jp/~biolchem/H22-P3print.pdf
*3COX-2阻害薬と腫瘍性疾患 森崇 岐阜大学応用生物科学部獣医臨床腫瘍学: https://www.animalhospital.gifu-u.ac.jp/seminar/pdf/file013_01.pdf
*4アラキドン酸代謝物産生反応におけるリン脂質リモデリング経路の役割 昭和大学薬学部社会健康薬学講座衛生薬学部門 桑田浩 原俊太郎: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jshowaunivsoc/75/2/75_130/_article/-char/ja/

アラキドン酸カスケードに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-08-18 (土) 17:03:35