アラビノース(arabinose)

植物の細胞壁に含まれる単糖類ペントース)のひとつ。主にL体として存在する。甘味度は砂糖の60%程度。*1

アラビノースの化学構造

スクラーゼの働きを阻害することで、血糖の急上昇を抑える。

L-アラビノースそれ自体は腸管から3.4%しか吸収されないが,小腸スクラーゼを阻害することから,ショ糖由来の血糖上昇を抑制する。その阻害はα-グルコシダーゼの中でスクラーゼに対して特異的で,阻害機構は不括抗?型であった。有効な添加量はショ糖に対し3~4%で,血糖上昇,インスリン分泌を有意に抑制し,60分間の血糖曲線下面積を40%低減した。*2

L体ヘミセルロースの構成成分。植物細胞細胞壁に含まれる糖タンパク質には、アラビノースがヒドロキシプロリンに鎖状に連なった糖鎖として付加しており、タンパク質の形成を助けることが知られている。*3

ある種の細菌は、αKGSA脱水素酵素?によってこれを代謝する。*4

L-アラビノースとは、木質系植物のヘミセルロース内に多く見られる五炭糖の一種です。大腸菌をはじめとするほとんどの細菌は、araA?araB?araD?といった酵素によって代謝されます。ところが、ある種の細菌は、これとは全く異なるL-アラビノース代謝経路をもつことが判明したのです。*5

*1お薬のしおり No.163『特定機能食品「トクホ」』について(H27.9): http://hospinfo.tokyo-med.ac.jp/shinryo/yakuzai/data/163.pdf
*2血糖値上昇抑制効果を有する機能性糖質L-アラビノースの生理機能研究と工業生産技術の開発: http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/2010812418
*3プレスリリース - 植物の成長に必要な糖タンパク質をつくりだす酵素を発見 -50年来の謎を解明-: http://www.nibb.ac.jp/press/2013/09/16.html
*4富山県立大学 L-アラビノース発酵微生物の探索とバイオエタノール生産への応用: http://www.pu-toyama.ac.jp/wordpress/wp-content/uploads/2013/03/24hoga-komeda.pdf
*5研究内容:代謝経路 - 生化学 渡辺 誠也研究室: http://web.agr.ehime-u.ac.jp/~biochem2/research-metabolism.html

アラビノースに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


添付ファイル: fileDL-arabinose.png 閲覧数 68回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-12-03 (火) 10:28:10