アラビノ-ス(arabinose)

植物の細胞壁に含まれるペントース。主にL-アラビノースとして存在する。甘味度は砂糖の約60%。*1

スクラーゼの働きを阻害することで、血糖の急上昇を抑える。

L-アラビノースそれ自体は腸管から3.4%しか吸収されないが,小腸スクラーゼを阻害することから,ショ糖由来の血糖上昇を抑制する。その阻害はα-グルコシダーゼの中でスクラーゼに対して特異的で,阻害機構は不括抗?型であった。有効な添加量はショ糖に対し3~4%で,血糖上昇,インスリン分泌を有意に抑制し,60分間の血糖曲線下面積を40%低減した。*2

*1お薬のしおり No.163『特定機能食品「トクホ」』について(H27.9): http://hospinfo.tokyo-med.ac.jp/shinryo/yakuzai/data/163.pdf
*2血糖値上昇抑制効果を有する機能性糖質L-アラビノースの生理機能研究と工業生産技術の開発: http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/2010812418

アラビノ-スに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:05:22