健康用語WEB事典

アルカリホスファターゼ(alkaline phosphatase : ALP)

アルカリ性の環境でリン酸化合物加水分解触媒するホスファターゼ。ほぼ全ての臓器にあるが、特に肝臓小腸胎盤などに多い。*1

臓器ごとに種類が異なり、以下の6種類のアイソザイムが存在する。*2

肝胆道骨代謝の異常、妊娠などによって血液中にアルカリホスファターゼが増加する場合がある。

*1ALP値が高い |よろず相談|高知大学医学部附属病院ホームページ: https://www.kochi-ms.ac.jp/~hsptl/kouhousi/yorozu/ban0424_3.html
*2アルカリフォスファターゼアイソザイム,alkaline phosphatase isozyme: https://www.okayama-u.ac.jp/user/hos/kensa/kouso/alpe.htm

ご意見・ご要望をお聞かせください。


アルカリホスファターゼに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-04-21 (土) 08:44:44