健康用語WEB事典

アルキルジヒドロキシアセトンリン酸シンターゼ(alkyl-dihydroxyacetone phosphate synthase : ADAPS)

プラスマローゲン生合成における二番目の反応を触媒するシンターゼアルキルグリセロンリン酸シンターゼとも。*1

これによってアルキルジヒドロキシアセトンリン酸?アシル基長鎖アルコールへと置換され、エーテル結合を有するアルキルジヒドロキシアセトンリン酸?ペルオキシソームで生成される。*2

*1KAKEN — 研究課題をさがす | ペルオキシソーム形成障害の発症機構の解明 (KAKENHI-PROJECT-24247038): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-24247038/
*2九州大学 オルガネラホメオスタシス研究室 プラスマローゲンの生合成: http://www.organelle.kyushu-u.ac.jp/lab/organellestasis/study2F.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


アルキルジヒドロキシアセトンリン酸シンターゼに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-05-03 (金) 10:41:23