健康用語WEB事典

アルサス反応(Arthus reaction)

血液中のタンパク質抗原となり、それに対する抗体IgG)が結合してできる抗原抗体複合体が種々の臓器血管周囲に沈着して起きる炎症Ⅲ型アレルギーの原因となる。アルツス反応とも。*1*2

血管炎症候群全身性エリテマトーデス関節リウマチなどの炎症に関わる。CCR1CCR5などの複数のケモカイン受容体と、そのリガンドであるCCL3などが関わることが報告されている。*3

*1信州大学機関リポジトリ 片腕切断に至った蜂刺症患者の1症例報告: https://soar-ir.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=9072&item_no=1&page_id=13&block_id=45
*2第一薬科大学 分子生命化学教室 免疫学講義 第15回 荒牧弘範: http://square.umin.ac.jp/haramaki/yakudai/meneki/012308.pdf
*3KAKEN — 研究課題をさがす | 免疫複合体による組織障害に対する、ケモカインのin vivoにおける役割について (KAKENHI-PROJECT-17591175): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-17591175/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


アルサス反応に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-09-07 (金) 16:22:09