健康用語WEB事典

アルテピリンC(artepillin C)

プロポリスの主要な抗成分とされる桂皮酸誘導体がん細胞DNA合成を阻害してアポトーシスを誘発する作用が報告されている。*1

アルテピリンCの化学構造

また、PRDM16?の分解制御によって脂肪組織褐色脂肪細胞化を誘導する。*2

PPARγリガンドとして作用することによるアディポネクチン発現低下抑制作用を持つ。*3

*1生物機能開発研究所紀要 中部大学 プロポリスに含まれる生理活性物質と薬理活性: http://stu.isc.chubu.ac.jp/bio/public/Bio_Chem/labo/seikiken_kifu/pdf/study10_001.pdf
*2KAKEN — 研究課題をさがす | プロポリスの多様性解明を目指した化学および生物行動学的研究 (KAKENHI-PROJECT-15K07436): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-15K07436/
*3中部大学 応用生物学部 食品栄養科学科 津田研究室: http://stu.isc.chubu.ac.jp/bio/public/Food_Nutr_Sci/labo/tsuda_lab/news/201106.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


アルテピリンCに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




添付ファイル: fileartepillin_C.png 閲覧数 468回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-10-29 (月) 15:45:57