健康用語WEB事典

アルドラーゼ(aldolase : ALD)

解糖系における、フルクトース-1,6-ビスリン酸グリセルアルデヒド-3-リン酸及びジヒドロキシアセトンリン酸の2つとの可逆?反応を触媒する嫌気性酵素

全身の臓器に広く存在し、筋肉疾患や悪性腫瘍血液中に増加する。*1

以下のアイソザイムが存在する。*2

*1アルドラーゼ,ALD (aldolase): https://www.okayama-u.ac.jp/user/hos/kensa/kouso/ald.htm
*2KAKEN — 研究課題をさがす | アルドラーゼをモデル系とするアイソザイムの組織特異的機能獲得の分子機構の研究 (KAKENHI-PROJECT-06273227): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-06273227/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


アルドラーゼに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:05:25