健康用語WEB事典

アレニウスの定義(Arrhenius' theory)

塩基を定義する方法の一つ。1880年代にスヴァンテ・アレニウス(Svante Arrhenius)によって定義された。

水を溶媒とする水溶液にのみ有効な定義であり、他の溶媒の場合はブレンステッド・ローリーの定義が用いられる。*1

アレニウスの定義において、塩基は以下のように定義される。

この定義においては、アンモニア塩基にならない。*2

*1酸と塩基の定義: http://www.ed.tus.ac.jp/~kaken/column/007_santoenki.html
*2北海道医療大学 自然科学入門(化学)第9回: http://www.hoku-iryo-u.ac.jp/~edu/rihabiri/reha009.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


アレニウスの定義に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:05:25