アレルギー性鼻炎(allergic rhinitis)

粘膜に入ってきた抗原(異物)を排除しようとする反応が過剰(アレルギー)となり、風邪ではないのに鼻汁くしゃみ鼻閉などの症状が起こる鼻炎抗原ハウスダストダニ、スギ花粉など。*1

抗原が経気道的に侵入し,くしゃみ鼻汁などの症状を呈する疾患をアレルギー性鼻炎と呼ぶ。この反応では,拡散したアレルゲンにより,粘膜下のマスト細胞が活性化されてヒスタミンの放出により局所の浮腫がおこり,鼻閉鼻汁などのの症状と,眼球粘膜に侵入した場合には結膜充血,流をおこす。*2

理論的には抗原を吸い込まなければ症状は現れない。国内ではハウスダストダニ)や花粉が原因として多いため、これらをできるだけ少なくすることが望ましい。*3

抗ヒスタミン薬による薬物療法が効かない場合は、レーザー?高周波ラジオ波メスによる粘膜の除去などの手術が行われる場合がある。

悪化すると睡眠障害が起き、脳梗塞心筋梗塞のリスクが高まる。*4

*1大阪大学 耳鼻咽喉科・頭頸部外科学|専門外来のご案内: http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/ent/r_nose.html
*2特別企画「好酸球疾患」:総説 好酸球機能と組織エオジノフィリー 宮田聡子 勝岡憲生: http://ci.nii.ac.jp/els/contentscinii_20170617110408.pdf?id=ART0007438317
*3耳鼻科mini知識-岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 耳鼻咽喉・頭頸部外科学: http://www.okayama-u.ac.jp/user/jibika-1/sub3.html
*4鼻アレルギーについて/北里大学メディカルセンター(埼玉県北本市): https://www.kitasato-u.ac.jp/kmc-hp/section/div-sinryou/jibika/rhinitis.html

アレルギー性鼻炎に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


このページの最終更新日時: 2018-04-04 (水) 18:51:16