健康用語WEB事典

アロエ(aloe)

ツルボラン亜科アロエ属の植物の総称。現在はワスレグサ科(ススキノキ科)とされる。ロカイとも。漢字では蘆薈*1*2

アロエ属植物はバルバロインアロイン)、アロエエモジン、その他サリチル酸化合物乳酸マグネシウム樹脂を成分として含む。

生薬としてのアロエは、アロエフェロックス?または、これとアロエアフリカーナ?またはアロエスピカータ?との雑種の葉から得た液汁を乾燥したもので、換算した生薬の乾燥物に対し、バルバロインを4.0%以上を含むものとされる。

タグ: 植物

*1野山の花 身近な山野草の食効・薬効 城西大学薬学部 白瀧義明 キダチアロエ: https://libir.josai.ac.jp/il/user_contents/02/G0000284repository/pdf/JOS-05470277-60(1)-68.pdf
*2アロエ健康食品中のバルバロイン含有量 京都女子大学 中井みのり 中村絵里子 川添禎浩: http://repo.kyoto-wu.ac.jp/dspace/bitstream/11173/2805/1/0100_073_004.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


アロエに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-10-14 (水) 08:51:03