健康用語WEB事典

アロキサン(alloxan)

ピリミジン誘導体

アロキサンの化学構造

β細胞に対する特異的な傷害作用を持ち、糖尿病モデルのラットの作製に用いられる。*1

アロキサンはスーパーオキシドアニオンの産生を誘発し、過酸化水素を産生させ、ヒドロキシラジカルの産生を誘発することで、膵β細胞を破壊する(Bromme HJ et al. 2002) (Fig. 1-2A)。*2

*1KAKEN — 研究課題をさがす | 2012 年度 実施状況報告書 (KAKENHI-PROJECT-24591330): https://kaken.nii.ac.jp/ja/report/KAKENHI-PROJECT-24591330/245913302012hokoku/
*2糖尿病抵抗性ラットの発見とその機序の解明に関する研究 長木孔明: https://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=48528&item_no=1&page_id=28&block_id=31

ご意見・ご要望をお聞かせください。


アロキサンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filealloxan.png 閲覧数 351回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-09-17 (月) 09:37:55