アロマターゼ(aromatase)

アンドロゲンヒドロキシ化し、それをエストロゲンへの転換する反応を触媒する酵素シトクロムP450のひとつ。エストロゲン合成酵素とも。*1*2

エストロゲンが産生される臓器組織発現する。女性では卵巣顆粒膜細胞胎盤合胞体栄養膜細胞?に、男性には精巣ライディック細胞に高発現する。性腺以外では乳腺脂肪筋肉皮膚などに局在する。

エストロゲンであるエストロンエストラジオールアロマターゼによって、それぞれアンドロステンジオンテストステロンから生成される。*3

閉経後の女性は、副腎から分泌されるアンドロゲン脂肪組織などに存在しているアロマターゼよってエストロゲンに変換することで補う。乳がんの治療においては、このエストロゲンを生成を防ぐためにアロマターゼを阻害する。*4

胎児アロマターゼが欠損すると、胎児とその母親が妊娠中にともに男性化を示し、かつエストロゲンが極めて低値を示すのが特徴とされる。

*1遺伝性アロマターゼ発現異常症 金沢大学大学院医学研究科産婦人科・周産母子センター 生水真紀夫: http://www.saitama-med.ac.jp/jsms/vol32/02/jsms32_059_063.pdf
*2女性のライフステージとエストロゲン - 千葉大学大学院医学研究院・医学部: http://www.m.chiba-u.ac.jp/class/gyne/info/pdf/2013/01.pdf
*3婦人科領域におけるアロマターゼ阻害剤の応用 北脇城 京都府立医科大学大学院医学研究科女性生涯医科学: http://www.f.kpu-m.ac.jp/k/jkpum/pdf/118/118-1/kitawaki.pdf
*4ホルモン療法の手引き(アロマターゼ阻害薬)2010年11月 国立がん研究センター中央病院 乳腺・腫瘍内科 薬剤部 看護部: https://www.ncc.go.jp/jp/ncch/division/pharmacy/pdf/AI.pdf

アロマターゼに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-02-07 (木) 08:40:25