アンジオテンシンⅠ(angiotensin I)

アンジオテンシンのひとつ。構成アミノ酸Asp-Arg-Val-Tyr-Ile-His-Pro-Phe-His-Leu *1

血漿に含まれるアンジオテンシノーゲン糸球体から血液中に分泌されたレニンが働くこと(レニン-アンジオテンシン系)で生成される。*2

アンジオテンシンⅠは、アンジオテンシン変換酵素ACE)によって血管収縮および血圧上昇の作用が強いアンジオテンシンⅡに変換される。

*1日本補完代替医療学会誌 特定保健用食品「血圧が高めの方に適する」表示をした食品について: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jcam/5/1/5_1_37/_article/-char/ja/
*2名城大学薬学部 薬品作用学研究室 アンギオテンシン・ブラジキニン: http://www-yaku.meijo-u.ac.jp/Research/Laboratory/chem_pharm/09jugyou/5.angiotensin.pdf

アンジオテンシンⅠに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-02-10 (日) 14:35:10