健康用語WEB事典

アンジオポエチン(Angiopoetin : Agn)

チロシンキナーゼTie2?リガンド血管の安定と血管新生に関わるタンパク質*1*2

血管新生の刺激に伴い、ペリサイト血管内皮細胞から離脱、血管内皮細胞プロテアーゼにより基底膜が消化され、血管内腔が拡張する。拡張した血管は、発芽、隔壁形成、嵌入によって新生血管を増やし、最後にペリサイト新生血管の周囲を取り込み、成熟した血管を構築する。この過程はアンジオポエチン(Angiopoetin=Ang)のバランスによって調節されている。*3

*1CiNii 論文 -  アンジオポエチン-1による血管安定化メカニズム: https://ci.nii.ac.jp/naid/10026544474/
*2大阪大学 微生物病研究所 -病気のバイオサイエンス-: http://www.biken.osaka-u.ac.jp/biken/BioScience/page25/index_25.html
*3血管新生-研究 - 北里大学病院 呼吸器外科: http://www.khp.kitasato-u.ac.jp/ska/kokyukig/section/kekkan.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


アンジオポエチンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-01-24 (水) 19:22:34