健康用語WEB事典

アンチセンスオリゴヌクレオチド(antisense oligonucleotide : ASO)

特定の遺伝子mRNA)が持つ塩基配列に相補的となるように化学的に合成したオリゴヌクレオチド。特定の遺伝子発現を抑制する。*1*2

サイトメガロウイルス網膜炎?家族性高コレステロール血症家族性アミロイドポリニューロパチーなどに対する治療に用いられる。*3

*1神戸大学大学院医学研究科内科系講座小児科学分野 神戸大学で実施する治療: http://www.med.kobe-u.ac.jp/pediat/pdf/m1_dmd1.pdf
*2核酸医薬は実現するか~筋強直性ジストロフィー治療の可能性~ - 世界の幹細胞(関連)論文紹介 - 慶應義塾大学 グローバルCOEプログラム 幹細胞医学のための教育研究拠点: http://www.med.keio.ac.jp/gcoe-stemcell/treatise/2012/20130309_02.html
*3家族性アミロイドポリニューロパチーに対する新規治療 神経変性疾患治療の新たな時代の幕開け 信州大学医学部内科学第三講座 関島良樹: http://plaza.umin.ac.jp/~s-igaku/DATA/62_03/63_03_07.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


アンチセンスオリゴヌクレオチドに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-10-03 (木) 10:51:46