イオンチャネル型グルタミン酸受容体(ionotropic glutamate receptors : iGluR)

中枢神経系神経伝達に関わるグルタミン酸受容体。同種(ホモ)または異種(ヘテロ)のサブユニットからなる四量体

グルタミン酸の結合によって膜貫通部位のカチオンチャネルを開く。開口したチャネルグルタミン酸が結合していてもすぐに閉じる性質をもつ。*1

*1イオンチャネル型グルタミン酸受容体のリガンド 受容体相互作用 自然科学研究機構岡崎統合バイオサイエンスセンター 久保稔: https://www.jstage.jst.go.jp/article/biophys/46/2/46_2_93/_pdf

イオンチャネル型グルタミン酸受容体に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-10-24 (水) 08:41:34