健康用語WEB事典

イコサペント酸エチル(ethyl icosapentate)

イコサペント酸エイコサペンタエン酸)のエチル化した有機化合物閉塞性動脈硬化症に伴う潰瘍痛み、冷感の改善や脂質異常症の治療に用いられる。商品名はエパデール?エパラ?エパロース?ソルミラン?ナサチーム?メルブラール?*1*2

血清脂質低下作用や抗血小板作用を有する。

タグ: 有機化合物 血栓

*1エパデールS300/エパデールS600/エパデールS900: https://www.info.pmda.go.jp/go/pack/3399004M2022_1_19/
*2くすりの事典 2020年版 片山志郎 成美堂出版(2019/6/30): https://amzn.to/3i8J1I1

ご意見・ご要望をお聞かせください。


イコサペント酸エチルに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-10-09 (金) 09:27:25