健康用語WEB事典

イソクエルシトリン(isoquercitrin)

羅布麻葉(燕龍茶)のエキスに含まれる主なフラボノイドのひとつ。ケルセチングルコースが結合した配糖体イソクエルチトリンとも。*1

イソクエルシトリンの化学構造

主に小腸で吸収され、ハイペロサイドと同時に経口投与した場合には血管内皮の機能改善や一酸化窒素を介した血管平滑筋の弛緩による降圧などが起こることが報告されている。*2

クエルシトリンと同様に血管補強作用を有する。*3

*1ケルセチン配糖体による体脂肪低減作用の用量反応性を確認 | ニュースリリース | サントリー食品インターナショナル: https://www.suntory.co.jp/softdrink/news/pr/d/sbf0152.html
*2日本補完代替医療学会誌 特定保健用食品「血圧が高めの方に適する」表示をした食品について: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jcam/5/1/5_1_37/_article/-char/ja/
*3化粧品成分用語事典2012 鈴木一成: https://amzn.to/3agCpne

ご意見・ご要望をお聞かせください。


イソクエルシトリンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: fileisoquercitrin.png 閲覧数 88回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2020-03-02 (月) 09:24:53