健康用語WEB事典

イソペンテニルピロリン酸(isopentenyl pyrophosphate : IPP)

メバロン酸経路において5-ピロホスホメバロン酸から生成される有機化合物イソペンテニル二リン酸とも呼ばれる。*1

イソペンテニルピロリン酸の化学構造

テルペン生合成される時の基本単位であり、縮合によってイソプレノイドが生成される。異性体ジメチルアリルピロリン酸*2

*1福岡大学 理学部 機能生物科学研究室 コレステロールの合成: http://www.sc.fukuoka-u.ac.jp/~bc1/Biochem/corest.htm
*2栄養学で用いられる借用語について(その4)坂田美和 池添博彦: https://ci.nii.ac.jp/els/contentscinii_20180320093022.pdf?id=ART0010003429

ご意見・ご要望をお聞かせください。


イソペンテニルピロリン酸に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: fileisopentenyl_pyrophosphate.png 閲覧数 1231回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-09-20 (木) 19:16:14