イソロイシン(isoleucin : Ile)

分岐鎖アミノ酸に分類されるアミノ酸のひとつ。

イソロイシンの化学構造

イソロイシンは、インスリンに依存せずに筋肉骨格筋)へのグルコースの取り込みを促進し、血糖値の上昇を抑える。この働きは、AMPKの働きとは独立して起こる。また、肝臓における糖新生を抑制する。

イソロイシンを投与しても骨格筋でのグリコーゲン合成が変わらないことから,イソロイシンはグルコース骨格筋への取り込みを増加させ,取り込まれたグルコースは直ちに骨格筋内で主に酸化されているものと考えられる.*1

*1イソロイシンの糖代謝調節作用と臨床応用の可能性 吉澤史昭: http://www.jbsoc.or.jp/seika/wp-content/uploads/2015/01/86-03-07.pdf

イソロイシンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


添付ファイル: fileL-isoleucin.png 閲覧数 109回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:05:30