健康用語WEB事典

イノシトール三リン酸受容体(inositol trisphosphate receptor)

イノシトール三リン酸受容体IP3受容体とも呼ばれる。細胞内のカルシウムイオンの伝達に関わる。3つのサブタイプが存在する。*1

細胞内のカルシウム貯蔵庫の1つである小胞体膜上に存在するCa2+放出チャネル。IP3と結合することでチャネルが開き、小胞体内のCa2+細胞質に放出する。3つのサブタイプがあるが、神経細胞ではIP3受容体1型が役割を担う。*2

*1胃癌研究(イノシトール3リン酸)|基礎研究|産業医科大学 医学部 第1外科学教室[消化器・内分泌外科: http://www.uoeh-u.ac.jp/kouza/1geka/study1.html
*22つのシグナル物質の使い分けによる正反対の神経制御 | 理化学研究所: http://www.riken.jp/pr/press/2015/20151218_2/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


イノシトール三リン酸受容体に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:05:30