イブプロフェン(ibuprofen)

非ステロイド系抗炎症薬のひとつ。シクロオキシゲナーゼ活性阻害によるプロスタグランジンの合成阻害作用を持つ。商品名はブルフェン

イブプロフェン(R体)の化学構造

末梢組織でのプロスタグランジン合成阻害作用が強く、上気道関節痛など、末梢での炎症を伴なった痛みに効果的とされる。アスピリンに比べ、胃腸副作用が現れにくい。*1

イブプロフェンががん細胞に対し、G1期停止やアポトーシスを引き起こすことが報告されている。この作用はTRAILとの併用によって増強される。*2

*1名城大学薬学部 薬品作用学研究室 イブプロフェン: http://www-yaku.meijo-u.ac.jp/Research/Laboratory/chem_pharm/mhiramt/EText/Diseases_Drugs/ibuprofen.htm
*2京都府立医科大学 大学院医学研究科 藤堂桃子 Ibuprofen enhances TRAIL-induced apoptosis through DR5 upregulation: https://www.kpu-m.ac.jp/doc/department/igaku/hakaseronbun/files/8635.pdf

イブプロフェンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


添付ファイル: file(R)-ibuprofen.png 閲覧数 82回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-05-25 (土) 15:49:52