健康用語WEB事典

イプリフラボン(ipriflavone)

骨粗鬆症における骨量減少に対する治療。商品名はオステンフィオランス?

イプリフラボンの化学構造

直接的な骨吸収抑制作用の他、エストロゲンカルシトニン分泌促進作用を増強することによる間接的な骨吸収抑制作用を有し、骨形成を促進する。*1

タグ: 医薬品成分 有機化合物 骨粗鬆症

*1オステン錠200mg: https://www.info.pmda.go.jp/go/pack/3999008F1273_2_01/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


イプリフラボンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: fileipriflavone.png 閲覧数 38回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2020-10-10 (土) 11:18:38