健康用語WEB事典

イミダゾキノリン(imidazoquinoline)

キノリン誘導体。イミダゾキノリンの誘導体は抗ウイルス活性や抗腫瘍活性を持つ。これはTLR7がイミダゾキノリン誘導体を認識し、様々な炎症性サイトカインを誘導することによる。*1

イミダゾキノリンの化学構造
*1自然免疫におけるウイルス感染認識機構 植松智 審良静男 大阪大学微生物病研究所自然免疫学: http://jsv.umin.jp/journal/v56-1pdf/virus56-1_001-008.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


イミダゾキノリンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: fileimidazoquinoline.png 閲覧数 7回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-12-01 (日) 08:35:35