健康用語WEB事典

インスリングラルギン(insulin glargine)

ヘキスト社(現サノフィ社)によって開発された持効型のインスリン製剤。商品名はランタス

インスリングリシンアルギニン修飾したアナログ*1

インスリン様成長因子受容体IGF-IR?)に対する親和性が内因性のインスリンの6倍である。副作用として内因性のインスリンに比べて有意な発がんリスクの増加が認められている。*2

*1埼玉医科大学内分泌 糖尿病内科 粟田卓也 持効型溶解インスリン製剤の誕生: http://www.saitama-med.ac.jp/uinfo/mnaika4/pdf/ditn2012-11.pdf
*2糖尿病用薬剤 必要な薬剤と不要な薬剤 NPO法人医薬ビジランスセンター(薬のチェック)浜六郎: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jln/26/1/26_59/_pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


インスリングラルギンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2018-08-21 (火) 20:22:59