健康用語WEB事典

インターカレーター(intercalator)

二重螺旋構造を取る2本のDNAが形成する塩基対の隙間に並行に入り込む(インターカレーションを起こす)性質を持つ物質。通常、平面構造を有する分子*1*2*3

DNA相補的塩基対にズレを生じさせ、複製時エラーの原因となるため発がん性物質となる場合が多い。ダイオキシン誘導体ベンゾ(a)ピレン-7,8-ジオール-9,10-エポキシドなど。

ドキソルビシンダウノルビシンブレオマイシンなどは、インターカレーターの性質を利用してDNA合成を阻害する抗がん剤

*1徳島文理大学薬学部 生薬研究所第一研究室 H30年度 生物有機化学テキスト 糖の構造と化学的性質: http://p.bunri-u.ac.jp/lab23/esumi/2018_Bioorganic%20Chemistry_text.pdf
*2東京大学薬学部 DNAの認識と切断機能性インターカレーターの分子設計 橋本帖一 首藤紘一: https://www.jstage.jst.go.jp/article/yukigoseikyokaishi1943/43/10/43_10_908/_pdf
*3岡山理科大学 理学部 山田真路 日本バルカー工業株式会社 研究部 駒沢俊清 DNAフィルター: http://www.valqua.co.jp/wp-content/uploads/pdf/technical/16/vtn016-03.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


インターカレーターに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-05-11 (月) 13:15:06