インテグリンαvβ3(integrin αvβ3

インテグリンのひとつ。がんの増殖や血管新生浸潤などに関与すると考えられている。血管新生中の内皮細胞や一部の腫瘍細胞に高発現するが、通常の内皮細胞や正常細胞にはほとんど発現していない。*1

RGD配列を持つペプチドを認識し、それをリガンドとして結合できる。*2

*1生命科学複合研究教育センター「平成25年度学内共同研究等プロジェクト研究費助成」がん診断・治療薬の開発を目的としたインテグリン αvβ3に対する新規リガンドの合成: http://www.med.u-fukui.ac.jp/LIFE/seimei/research/H25_seikahoukokusyo/makino.pdf
*2RGDペプチドを利用した腫瘍イメージング 金沢大学大学院医学系研究科 吉本光喜: http://ri-center.w3.kanazawa-u.ac.jp/hokurikuRI_HP/pdf/saizensen06-1.pdf

インテグリンαvβ3に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


このページの最終更新日時: 2018-11-09 (金) 09:21:22