健康用語WEB事典

インドキシル硫酸(indoxyl sulfate)

トリプトファン代謝によって生成される尿毒素のひとつ。インドールの3位が硫酸化した構造を持つ。

インドキシル硫酸の化学構造

尿毒素の中で最も毒性が強いとされる。転写因子GATA3を介して、尿毒素の排泄に関わるトランスポーターであるSLCO4C1?発現を抑制する。*1*2

インドキシル硫酸は食事中の肉、特にトリプトファンに由来する化合物であり、腎臓で排泄されます。慢性腎臓病CKD)患者で血中・尿中インドキシル硫酸濃度の上昇が知られており、傷害との関連が示唆されきました。*3

*1東北大学大学院医学系研究科 東北大学大学院薬学研究科 腎臓病患者で筋肉の萎縮が起きる機序を解明 体内に蓄積する毒性物質が筋肉の代謝変化を引き起こす: http://www.pharm.tohoku.ac.jp/info/file/20161111.pdf
*2KAKEN — 研究課題をさがす | トランスポーターによる尿毒症物質除去を標的とした新規慢性腎臓病治療法の開発 (KAKENHI-PROJECT-24890013): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-24890013/
*3北海道大学 大学院獣医学研究院・獣医学部: https://www.vetmed.hokudai.ac.jp/organization/anat/research/18%20CKD-7.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


インドキシル硫酸に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: file3-indoxylsulfuric_acid.png 閲覧数 223回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2017-12-29 (金) 14:06:34