健康用語WEB事典

インバリアント鎖(invariant chain : Ii)

細胞内の小胞体翻訳されたMHCクラスⅡ分子MⅡCへ輸送される過程で、他の細胞内のペプチドと結合しないようにMHCクラスⅡ分子抗原結合部位を塞ぐシャペロンタンパク質*1

MHCクラスⅡ分子のα鎖とβ鎖が翻訳されると、小胞体内でインバリアント鎖と複合体を形成し、小胞体からゴルジ体を通り細胞膜へと輸送された後エンドサイトーシスされ、小胞輸送によってMⅡCへ輸送されるが、この輸送に不可欠であると同時に抗原結合部位CLIPで塞いでいる。*2

MHCクラスⅡ分子と結合しているインバリアント鎖は、MⅡCへの輸送過程でエンドソームに存在するカテプシンなどのプロテアーゼによって大部分が分解され、CLIPのみが残る。

*1樹状細胞による抗原提示 | 生体応答制御学: http://www.pharm.okayama-u.ac.jp/lab/meneki/research/dc/
*2樹状細胞における細胞表面 MHC-II 分子の発現制御機構 古田和幸: http://www.jbsoc.or.jp/seika/wp-content/uploads/2014/08/86-01-10.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


インバリアント鎖に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-11-25 (月) 09:00:35