インピンジメント症候群(impingement syndrome)

外傷や酷使によって腱板の機能の低下することによって起こるの症状。

挙上角度60〜120°あたりで痛みや引っ掛かりを感じ、それ以上に挙げられなくなるのが特徴とされる。この角度で症状が現れることは有痛弧徴候ペインフルアーク)と呼ばれる。*1*2

*1肩関節の主な疾患と治療法|福岡大学医学部整形外科学教室: http://www.med.fukuoka-u.ac.jp/orthopae/info/info3/index.html
*2インピンジメント症候群|整形外科・スポーツ診療科|順天堂医院: https://www.juntendo.ac.jp/hospital/clinic/seikei/about/disease/sports/sports_04.html

インピンジメント症候群に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


このページの最終更新日時: 2018-11-14 (水) 15:58:22