健康用語WEB事典

インポスター現象(impostor phenomenon)

学問的・専門的分野において、客観的に成功しているという根拠があるにも関わらず、本人は虚偽感や無価値感を抱き、知的な面で他者を欺いていると感じる内的経験。インポスター(impostor)は詐欺師の意。インポスター症候群とも。*1*2

1978年、臨床心理学者のポーリン・ローズ・クランスとスザンヌ・イメスによって提唱された概念。

インポスター現象を経験しやすい者の特徴として、以下の四つが挙げられる。

  • 成功が運などの外的要因に帰属する
  • 自分の能力に自信が持てない
  • 他者に無能さが見破られることを恐れている
  • 自分自身に課す基準が高い

女性はインポスター現象に陥りやすい傾向にあることが指摘されている。

タグ: 心理学

*1名古屋大学学術機関リポジトリ インポスター現象研究の概観 藤江里衣子: https://nagoya.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=14229&item_no=1&page_id=28&block_id=27
*2【コラム】 自信がないのは 当たり前 | 東北大学男女共同参画推進センター TUMUG 鈴木杏奈 [流体科学研究所 助教]: http://tumug.tohoku.ac.jp/blog/2017/08/30/10406/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


インポスター現象に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-10-20 (火) 06:04:35