健康用語WEB事典

インポーチンα(importin-α)

インポーチンのひとつ。

酸化紫外線などのストレス条件下で細胞質から細胞核内に集積して、細胞核内におけるタンパク質の輸送効率が低下することが知られている。*1

細胞核に集積したインポーチンαはSTK35?プロモーター領域と結合し、そのmRNA転写を促進する。

*1米田研究室-研究室紹介-FBS | OMOROI「おもろい」vol.∞ | 大阪大学大学院生命機能研究科: http://www.fbs.osaka-u.ac.jp/omoroi-seimei/introduction/lab05-yoneda.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


インポーチンαに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2018-09-14 (金) 09:32:08