健康用語WEB事典

ウエルシュ菌α毒素(C. perfringens α-toxin)

ウエルシュ菌が産生する、溶血壊死を引き起こす毒素ホスホリパーゼC及びスフィンゴミエリナーゼとしての酵素活性を持つ。*1

百日咳毒素感受性Gタンパク質を介して内因性ホスホリパーゼCTrkA受容体を介してPI3KPDK1を活性化して作用を発現する。

マクロライド系抗生物質はα毒素によるシグナル伝達や炎症性サイトカインの遊離を阻止する。

*1ウエルシュ菌α毒素(ガス壊疽の病原因子)の作用を特異的に阻害する治療薬の開発を目指して 櫻井純 (徳島文理大学大学院薬学研究科): http://p.bunri-u.ac.jp/open/pic/sakurai.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ウエルシュ菌α毒素に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-09-17 (月) 13:05:25