エイコサノイド(eicosanoid)

脂肪酸からつくられる生理活性物質オータコイド)。多価不飽和脂肪酸酸化(主にアラキドン酸アラキドン酸カスケード)によって生成される炭素数20の化合物の総称。*1*2

エイコサノイドの原料となる脂肪酸は、ホスホリパーゼA2細胞膜リン脂質からアラキドン酸加水分解することで供給される。*3

エイコサノイドの分類

*1福岡大学 理学部 生化学の基礎 脂質: http://www.sc.fukuoka-u.ac.jp/~bc1/Biochem/biochem2.htm
*2昭和大学 生物化学部門 代謝調節因子と生理活性分子: http://www10.showa-u.ac.jp/~biolchem/H22-P3print.pdf
*3兵庫医療大学薬学部生化学教授 大河原知水 オータコイド: http://www2.huhs.ac.jp/~h990002t/resources/downloard/15/15biochem3/08autacoids15.pdf

エイコサノイドに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-08-18 (土) 17:14:57