健康用語WEB事典

エオジン(eosin)

HE染色に使用される酸性色素。エオシンとも呼ばれる。

エオジンYの化学構造

エオシンは負に帯電しているため、正に帯電している細胞質間質組織と結合して赤色に染める。*1

エオジンの色素は水溶液中でカラーアニオン(酸化されるイオン還元剤)として存在し、負性荷電しているので、組織中の陽性荷電部に結合し、赤色に染める。*2

水には非常に溶けやすいがアルコールには溶けにくい。

エオジンの種類

*1ヘマトキシリン・エオジン(HE)染色 ~標本の品質を保つために~ 広島市医師会だより 検査科病理係: http://www.labo.city.hiroshima.med.or.jp/wp-01/wp-content/uploads/2015/01/center201502-02.pdf
*2札幌医科大学フロンティア医学研究所病態情報学部門 HE染色: http://web.sapmed.ac.jp/bme/view/HE.ppt

ご意見・ご要望をお聞かせください。


エオジンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: fileeosin_Y.png 閲覧数 190回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-03-17 (土) 20:56:44