健康用語WEB事典

エカベト(ecabet)

胃炎胃潰瘍粘膜病変に対する治療ペプシン活性抑制作用やピロリ菌に対する殺菌作用などを有する。ナトリウムとして用いられ、商品名はガストローム*1*2

タグ: 有機化合物

*1くすりの事典 2020年版 片山志郎 成美堂出版(2019/6/30): https://amzn.to/3i8J1I1
*2ガストローム顆粒66.7%: https://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2329026D1031_1_07/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


エカベトに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2020-10-11 (日) 09:24:05