エキソサイトーシス(exocytosis)

細胞内にある小胞細胞膜の内側に融合して、小胞の中身を外部に放出するサイトーシス開口分泌とも呼ばれる。

分泌されるタンパク質などは、細胞内で合成された後、分泌小胞内に貯留されます。分泌小胞は、細胞質内を移動して細胞膜へと接近し、細胞膜と融合します。これにより、分泌小胞の内容物は細胞外へと放出されます。これをエキソサイトーシスと呼び、細胞膜と融合した小胞膜は、そのまま新たな細胞膜となります。*1

消化酵素神経伝達物質ホルモンの放出方法のひとつ。*2

*1共同発表:カビは一歩ずつ無限にふえる~菌糸が伸び続ける仕組みを解明~: http://www.jst.go.jp/pr/announce/20170516-2/index.html
*2東北大学大学院医学系研究科・医学部 脳機能解析分野 開口放出(エクソサイトーシス)とその調節: http://neuro.med.tohoku.ac.jp/japanese/education/class/exocytosis2011-8-0.pdf

エキソサイトーシスに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-01-19 (金) 15:49:34