エキナコシド(echinacoside)

カンカンクジュヨウに含まれるフェニルエタノール配糖体*1

エキナコシドの化学構造

β-グルコースを持ち、β-グルコシダーゼによってアクテオシドに変換される。アクテオシドと同様に生体利用率が低いが、消化管内でSGLT1を阻害し、食後の血糖上昇を抑制することが報告されている。*2

*1近畿大学学術情報リポジトリ 医薬シーズの薬物動態特性の最適化: https://kindai.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=3746&item_no=1&page_id=13&block_id=21
*2近畿大学学術情報リポジトリ カンカニクジュヨウ中主成分エキナコシド、アクテオシドの食後血糖上昇抑制メカニズムの解明: https://kindai.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=19563&item_no=1&page_id=13&block_id=21

エキナコシドに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


添付ファイル: fileechinacoside.png 閲覧数 7回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-09-13 (金) 10:58:16