健康用語WEB事典

エクソン(exon)

遺伝子中でタンパク質の情報をコードする部分。イントロンによって分断されている。ゲノム全体の1%程度。エキソンとも呼ばれる。*1

実際にタンパク質の合成に必要な情報(塩基配列)を持つ。エクソンの平均長は人間の場合145塩基*2

エクソン同士の連結が行われることで、連続したタンパク質の情報を持つmRNAが作られる。*3

*1技術評論社 桂義元 免疫はがんに何をしているのか? 見えてきた免疫のメカニズム 2016/12/25
*2スプライシング暗号とは | 研究成果の紹介 | フロンティア研究室 遺伝子発現制御学 | 国立大学法人 東京医科歯科大学: http://www.tmd.ac.jp/end/research/SplicingCode/
*3京都大学-お知らせ/ニュースリリース 2007年8月14日 mRNA前駆体の核内係留におけるESEの役割: http://www.kyoto-u.ac.jp/notice/05_news/documents/070814_1.htm

ご意見・ご要望をお聞かせください。


エクソンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:05:39